養成講座

個々の生き方を尊重し、寛容の心をもって様々な問題に向き合える力を見出すものとしてヨガが役立つと考えます。

児童心理、行動心理学、ソーシャルエモーショナルラーニング(SEL)情動と社会性の学習に基づいたYogaEd.メソッドは

子どもたちの「生きる力」に寄り添い、支えとなるヨガ教育です。

見守る大人とこどもたち双方において資質を高め

重要な役割を果たします。

身体と心の安定をもたらす指導を行いませんか?

YOGAed.プロフェショナルインスティチュート。デベロップメントインスティチュートは全米ヨガアライアンスに認定されてます。

RTY200を受講した方は、

YOGAed.プロフェショナルインスティチュート1と2を併せて受講し、18時間の実技を行うことで

全米ヨガアライアンス、チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Child Life Council・米国)、また限られた地域のスクール・ディストリクト(米国)の継続教育ユニット(Continuing Education Units/ CEUs)に加算することができます。

【よくある質問】

Q:養成講座は4日間連続で受講しなくてはならないのでしょうか?

A:はい。実技など通して講座が進んでいくため、原則連続の講座をお願いします。ただし、ご都合により難しい場合、補講の時間など検討することもできますのでご相談下さい。

Q:PI2のみの受講は可能でしょうか?

A:はい。可能です。こどもの対象年齢が違うため、PI2のみの受講も可能です。

ただし、RCYTの登録はPI1とPI2の受講と実習後の認定になりますことをご了承ください

Q:インストラクターじゃなくても受講できますか?

A:もちろん可能です。子どもたちにヨガを伝えるために練習量は増えますが、その分、ご自身のヨガを深めることになり好評です。

Q:山の上の会場になりますが、近くに宿泊施設はありますか?

A:はい。ございます。飯縄高原観光の拠点にある別荘地のため、ペンション・ゲストハウスなどございます。飯綱高原内でしたら送迎も致しますのでご相談ください。

Q:修了後のフォローアップはありますか?

A:はい。アシスタント制度に、修了生の会などによる勉強会、実践会などございます。

子どもたちを多方面から見る目を持ち続け、ヨガがどのように役立つか学び続けています。