代表紹介

山口有佐(やまぐち ありさ)

 埼玉県上尾市出身→2015年より長野県長野市移住

飯綱高原森のヨガスタジオPLAVAオーナー

・子どものための出張ヨガ教室えがおkids主宰

長野子どもたちにヨガを伝える会代表

放課後子どもプラザ・支援センター・クラブ活動など幼児~小学生、中高生まで毎月300名を超える子どもたちへ指導してます。


主な資格

YogaEd.(ヨガエド)公認 ヨガトレーナー

全米ヨガアライアンスヨガインストラクター200時間修了

全米ヨガアライアンスチャイルドヨガティーチャー

(一社)子どもカルチャーエデュケーション 

(公社)子どもの発達科学研究所 アテンダントベーシックコース修了

(公社)子どもの発達科学研究所 トリプルチェンジ いじめ予防プログラム修了

小学校教諭免許状

(社団)日本キャンプ協会キャンプディレクター

元スポーツクラブルネッサンス公認アリュールヨガインストラクター

元学童保育指導員主任 元CONE 自然観察指導員

元(社団)レクリエーション協会グループレクリエーションコーディネーター

関わりのある団体

YogaEd.JAPAN

一般社団法人 子どもカルチャーエデュケーション

伊藤華野.COM

公益社団法人 子どもの発達科学研究所

長野子育てネット

長野北部子ども劇場

NPO地球環境フォーラム長野

【活動実績】

2020年

2019年 

2018年 

    マムズスタイル主催Xmas会 イベントレッスン

    長野市放課後指導員ブロック研修会 吉田児童センター  

    長野市古里公民館主催 子育て支援 ベビーヨガ

    稲田会 かざぐるま保育園 年長クラスキッズヨガ

    篠ノ井会 俊英幼稚園 子育て支援親子ヨガ

    長野市北部子ども劇場子育てサークルぴっぴ主宰 リラックスヨガ  

    松代・放課後指導員研修会主宰 リラックスヨガ

    松本サンデーマーケットinGNU キッズヨガ

    長野運動公園主宰 親子ヨガ・キッズヨガ・ティーンズヨガ

    長野市城山公民館主宰 子育て支援ベビーヨガ・プレキッズヨガ

    長野市第1自治協議会主宰 子育て支援ベビーヨガ

    長野市北部子ども劇場子育てサークルぴっぴ主宰 親子ヨガ

    篠ノ井会 南長野幼稚園 子育て支援事業ベビーヨガ

    長野市第4地区自治協議会主宰 子育て支援 ベビーヨガ

YOGAed.キッズヨガ講師養成講座 nagano

    長野市第2第3地区自治協議会主宰 子育て支援ベビーヨガ

    モナミ主宰 ママまつり 子育てあるある講座

    サキベジまつり 食育!親子でキッズヨガ  

2017年

    長野子育てネット主宰 思春期ハッピー講座

    篠ノ井会長野南幼稚園 子育て支援事業ベビーヨガ

YOGAed.キッズヨガ講師養成講座 saitama

    稲田会 かざぐるま保育園 キッズヨガ(年中クラス)

    長野市第4地区自治協議会主宰 子育て支援 ベビーヨガ

  YOGAed.キッズヨガ講師養成講座 nagano

    長野市第2第3地区自治協議会主宰 子育て支援ベビーヨガ 

  長野市PTA北部ブロック研修会主宰親子キッズヨガ(小学1~中学3年生) 

    長野市立鍋谷田小学校PTA主宰キッズヨガ(小学4年生)

  長野市立浅川小学校浅川公民館PTA主宰 親子ヨガ(小学1~6年生)

    篠ノ井会長野東幼稚園、こそだて支援事業親子ヨガ

    上高田保育園 子育て支援ベビーヨガ

    長野運動公園主催親子ヨガ・キッズヨガ講座

2016年

    YOGAed.キッズヨガ講師養成講座 nagano

    長野市権堂イーストプラザ子育て支援事業ベビーヨガ

    長野市吉田公民館子育てひろば 親子ヨガ

    長野市第4地区自治協議会主催 ベビーヨガ

    上高田保育園 たつのこ祭り親子ヨガ

2015年

    長野市鬼無里保育園キッズヨガ

    長野北部子ども劇場秋祭り キッズヨガ

    上高田保育園 たつのこ祭り親子ヨガ

2014年

    長野ヨガまつり キッズヨガ

    東京都中野区保育園研修会 キッズヨガ講師

2013年

    東京都調布青年商工会議所主催キッズヨガフェス講師

    さいたま市岩槻区本丸公民館子育て支援ベビーヨガ

    さいたま市岩槻区保健センター健康促進事業キッズヨガ

2012年

    川越市立川越小学校PTAヨガレッスン

2011年

    東京二子玉川ショッピングモールLIZEイベント キッズヨガ

他、子育てサークル、横浜ヨガフェスタ講師出演など

 不妊治療の体質改善や腰痛などセルフケアで始めたヨガでしたが、

一呼吸一動作の中にある哲学にも魅力を感じトレーナーの道へ進みました。

比較せず、丸ごとその人「らしさ」を見つめる子どもに向けたヨガ教育は

子どもの「今」に寄り添い、個々の「幸福感」を見つめ、敬い

生涯にわたる可能性を、生かしていく力になると考えてます。

世代を問わず受け入れられるものではないかと、

日々の実践と学びを深めてます。


~山口有佐(ありっぺ)とキッズヨガについて~

Q:なぜヨガを始めたの?

A:ネガティブ思考、体調不良から心身共に復活するために役立った。

・初めから子ども向けにヨガを伝えようと考えていなかった。

・子どもたちを支える大人に向けてできることを探していた。

もともと、短大を出てから小学校の先生を目指す傍ら、

学童保育指導員のお仕事をしてました。

ところが、勉強を教えることより、

当時、片田舎にあった学童保育所だったので、

毎日子どもたちと野外活動を通じてのびのび過ごせる活動があふれていたこと。

今思うと、お山の大将に酔っていただけだったとも感じるのですが。。。

保護者と関わりながら、子育ての一助を担える学童保育の活動にドはまりして行き、

教員採用試験を放棄してしまいました。

勤めて5年くらいたった頃、

「子育てとは?」

「子どもたちと親の関係?」

「活動を楽しむための組織とは?」と理想と現実の間、

気負い過ぎる自分と向き合うことができず、体調を崩します。

ヘルニア、鬱、肝炎、20代半ばにして心身共にボロボロになってました。

その時出合ったのがヨガです。

はじめは本屋でダイエットの延長で1冊購入、

ヘルニアになり治療で進められたのもヨガでした。

「こんなポーズできない!はずかしい!」と嫌煙しながら始めたのですが、

継続すればするほど、心身の調子がよくなりました。

残念ながら、学童保育の仕事からいったん離れ、

医療事務や、会社員の道を選んでみます。

でもなんだか自分に合う気がしない。。。。

気づくと子どもたちのことばかり考えてる。。。

運動があまり得意じゃない自分が唯一継続できたヨガ、

もともと肥満体形だった体重も半年で10キロ落とすことができました。

こんなに体の調子が整って、気持ちもポジティブになるなら、働く保護者のケアに伝えられないだろうか。

とインストラクターの道へ。

そしてさらにヨガの哲学や理念に触れ感銘を受けます。

子どもたちのためというより、まずは子どもを見守る大人のケアになれたら、

がはじめでしたが、指導を始めた翌年、子どもたちに直接伝えることができるYogaEd.に出会います。


Q:子ども向けのヨガに出会って感じていたことは?

A:半信半疑でした。野外活動を通じて子どもたちが輝く姿をたくさん見ていたので。

でも自然体験を行う機会が少ない今の子どもたちが、

体の感覚や心の声に耳を傾け、生かす力を引き出す子ども向けのヨガは今の時代とても大事なものだと考えています。


Q:実際やってみて。。。。

A:子どもの表情が変わる瞬間を目のあたりにしてきました。

「親には言えない」と言いづらい胸の内を語る子、

眉間の力がずっと抜けない子が短時間で柔らかくなり、言葉遣いも変わる子。など

子ども向けのヨガは、その子のありのままを大事にしてました。

とにかく、優しい、暖かい。愛そのもの

体を動かす動作を通じて、呼吸を感じる時間がこんなにも愛しく、強く、繊細なものだとは大人のクラスより子どもたちから教えていただいてます。


Q:難しさはないですか?

A:めちゃくちゃあります

静かな時間が苦手な子、不信感の強い子はまず拒否しますから。

だから、そんなときは、その子の持ってる興味関心を聞きながら、信頼関係を作れる努力をします。そういう子に限って「ヨガいいよ!」と周りの子に薦めてくれることもあります。自分を労ること、ありのままを感じる安心感を得られるのも子ども向けヨガの素晴らしさだと考えます。


Q:儲かりますか?

A:やり方だと思いますが、難しいことたくさんです。

それはどんな職業でも同じと思います。子どもたちの日常、今をともに過ごして提供する活動になるので、社会貢献、福祉に近いと考えてます。